冬の北海道を満喫しよう!冬に最適なアクティビティ3選

代表的なアクティビティはスキー、スノーボード

冬に楽しめる北海道のアクティビティといえば、真っ先に挙げられるのがスキーとスノーボードです。ゲレンデの雪質は世界的にも評価の高いパウダースノーが特長で、道央を中心に有名なスキー場が点在しています。初めての北海道スキーツアーを組むなら千歳空港を拠点にニセコやルスツ、トマムあたりのスキー場へ出かけるのがポピュラープランです。日程に余裕がれば札幌でグルメを満喫することも可能です。

オホーツクでは雄大な流氷観光を満喫できる!

道央からは300キロほど離れますが、オホーツク海の流氷観光も北海道ならでは魅力のひとつです。毎年1〜3月になるとオホーツク海沿岸には流氷押し寄せ、海面を真っ白に埋め尽くします。沿岸からでも雄大な眺めを楽しめますが、せっかくオホーツクに行くなら、流氷砕氷船に乗るアクティビティをお勧めします。流氷砕氷船は紋別発着のガリンコ号と網走発着のおーろらがあります。ガリンコ号は船の先端に装備されたスクリューで氷を砕きながら進みます。おーろらは通常の船の2倍もの厚さがある船底で氷を割りながら運航します。

スノートレッキングで雄大なパノラマを一望する

スキーやスノーボードはちょっと苦手という人でも手軽に楽しめるアクティビティにスノートレッキングがあります。スノートレッキングができる場所は札幌近郊以外にも釧路方面や旭川富良野方面など各地にありますので、他の目的と組み合わせて楽しむことが可能です。お勧めのコースは「神秘の湖」とも呼ばれる摩周湖の外輪山を巡るルートで標高500メートルの高さから雄大なパノラマを満喫できます。ガイド付きの初心者コースもありますので、心配する必要はないでしょう。

ヤートラルートでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です