群馬県のローカル線上信電鉄の旅!沿線おすすめスポット3選

上信電鉄とはどんな鉄道?

群馬県を走る上信電鉄は、高崎駅と下仁田駅を結ぶ全長33.7kmの鉄道です。高崎駅から下仁田駅までの所要時間は約1時間程度、上州の山々をバックに走ります。沿線にはおすすめのスポットが点在します。

世界遺産に登録された富岡製紙場

上州富岡駅で下車して徒歩10分程の場所には、2014年に世界遺産登録された富岡製糸場があります。ここは1872年、器械製糸の普及と技術者養成のために設立された国内初の官営工場であり、創業当時のレンガ造りの建物がそのまま残っています。富岡製糸場の一般公開は2005年から始まりましたが、世界遺産に登録されたことで訪問者が急増しました。今では群馬県を代表する観光スポットになっています。

古い歴史をもつ一之宮貫前神社

上州一ノ宮駅から徒歩約15分の場所に、約1400年の歴史を有する一之宮貫前神社があります。この神社は正面参道からいったん石段を上がり、総門をくぐったところから石段を下ると社殿があります。このような配置の神社は、下り宮と呼ばれています。また現在の社殿は、江戸時代初期に造営されたといわれています。神社内には樹齢1200年を超える大杉が建っていて、天然記念物に指定されています。

城下町小幡の街歩きを楽しもう

上州福島駅の周辺には、江戸時代に統治された城下町小幡があります。中でも群馬県随一の大名庭園である楽山園は、国の名勝にも指定されています。ゆったりとした空間で、静かなひと時を過ごすことができます。また石垣を迷路のように組んだ食い違い郭、さらには武家屋敷や町屋など見どころが数多く点在します。およそ1時間程度で各見どころを回ることが可能です。

ヤートラルートでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です